男の人

刺されないタイミングや服装で蜂退治をすることが大切です

凶暴な動物が住み着いたら

アライグマ

アライグマは見た目に反して凶暴な動物であるため、もしも自宅に住み着いたとしても駆除してくれる業者に依頼するのが賢明です。そして、決して行ってはいけないのが、餌付けです。餌付けしても懐くことはあり得ません。

もっと見る

粘着シートでネズミの駆除

ねずみ

ネズミ駆除の専門家は粘着シートを多用することが多いです。それは死体の処理や安全面などを考慮してのことです。粘着シートをセットするときは、ネズミの通り道に置かないと効果が薄いため、どちらかというと玄人向けの方法です。

もっと見る

安全が守られる生活に

ハチ

蜂ならなんでも刺すというわけではありませんが、知識がないと被害を受ける可能性が高くなります。危険なスズメバチのほか、刺すこともあるという程度のアシナガバチ・ミツバチが国内では有名です。刺される主なタイミングは個体または巣に近づいてしまったときがあげられ、集団に囲まれると非常に危険な状態となります。特に退治の場合は細心の注意が必要となるため、自己解決または業者への依頼か意見を交えて判断すると良いでしょう。また、個人や企業の敷地にある巣の場合は、土地・建物所有者に駆除の責任があります。巣が自身の敷地内に隣接している場合は相談を行い、円満に進めることでトラブルがなく安心です。なかには退治の費用を渋るケースもありますので、その場合は口論をする前に自治体や自治会に相談すると良いでしょう。

フラフラと飛び回っているような蜂ですが、多くの場合は一定のコースを往復しています。主に花の蜜と巣を往復しているため、姿を追っているといずれは巣の発見につながるのです。蜂退治の最終的な解決手段は巣の撤去ですので、囲まれても逃げられるように、駆除スプレーを携帯して追ってみるのも良いでしょう。また、発生しやすい季節を把握しておくことも蜂退治のポイントで、主には4月から6月までの時期と6月以降から秋までに集中します。4月から6月まではスズメバチの女王蜂が巣を作り始めるシーズンで、働き蜂はまだ卵やさなぎの状態です。このときに退治できれば完ぺきといえますが、多くの場合は巣が大きくなってからの発見となります。6月以降は個体数が次々と増えてきますので、活動を休止する夜に退治すると良いでしょう。これらの蜂の習性に関しては、専門業者が一番詳しいので依頼して駆除してもらいましょう。駆除方法も多岐に渡っていますし、駆除した後も丁寧に対応してくれることがほとんどなので安心です。まずは評判などを見ながら依頼先を決めましょう。

シロアリから家を守るには

しろあり

シロアリは大切な家に被害を与える害虫です。床下の木材だけでなく基礎のコンクリートにも穴を開けてしまうので大変危険です。シロアリに気付いたら急いでシロアリ駆除をしてください。シロアリ駆除後に再度被害にあわないように防除対策も行っておくことも重要です。

もっと見る